大会長挨拶

第4回日本DCD学会学術集会 大会長

 古荘純一(青山学院大学教育人間科学部)

テーマ

DCDとスポーツ

ご挨拶

2020年4月25日・26日、青山学院大学にて、第4回DCD学会東京大会を開催させていただくことになりました。2020年は東京オリンピック・パラリンピック大会が開催され、障害のあるなしに関係なく、国民のスポーツへの関心は高まっていくと思います。そのような中で、東京で本学会を開催できることは極めて光栄なことと存じます。

本学会のテーマは、日常生活のなかでの理解と支援について考える場、オリンピック・パラリンピックの開催年ということから、「DCDとスポーツ」としました。スポーツ場面で苦手さを感じ、参加することに否定的な子どもや成人、そのなかには、いわゆる身体的「不器用さ」を主訴とするDCDが起因している場合があり、日本において、社会的な認知および適切な支援がはじまり浸透していくことになることを期待しています。

もう一つのコンセプトは、「医療と教育とのコラボレーション」です。実際に、DCDのある子どもが生活上困り、実際の支援が必要とされるのは学校教育場面です。そのため学校教育関係者にDCDの理解を促すことは必要です。さらに、診断や治療のスタートは医師であり、特に小児科医がもっとも関係しますが、DCDの概念も、医療の現場に浸透しているとはいえません。本学会を通して、DCDは発達障害の1タイプであるということを、医療、教育関係者に広く認識される端緒になればと考えています。

主なプログラムは、ワークショップとして、筑波大学の澤江幸則先生とNPO法人トラッソスの吉澤昌好氏のご尽力で不器用さのある子どもへの指導の実際を、4つのブースに分けてデモンストレーションしていただくことになりました。そのほか教育講演、シンポジウムのほか、一般公開シンポジウムでは、不器用さをかかえながらも、芸能・マスコミで活躍している方のお話を企画しています。一般演題では、若手の研究者、臨床家に積極的に発表していただくように奨励賞を準備しました。

懇親会では、渋谷の夜を満喫していただくだけでなく、不器用さをかかえる人たちの支援に携わる人びとの情報交換そしてネットワーク作りを進める場としていただければ幸いです。勉学に勤しみつつも有意義で楽しいひと時となりますよう鋭意準備を行っております。大勢の皆様のご参加を心よりお待ちしております。

第4回日本DCD学会学術集会大会長
古荘純一(青山学院大学教育人間科学部 小児科医)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする