代表理事あいさつ

DCD(発達性協調運動障害)の子どもや大人たちのために

日本DCD会代表理事 

辻井正次(中京大学)

今回、学会の立ち上げに際して、代表理事としてご挨拶を申し上げます。昨年(2016年)4月に、英国よりDCD研究の世界的権威であるDr. Sheila Hendersonを招聘し、日本DCD研究会を行いました。DCD概念がどのように生まれ、DCDの子どもたちへの支援の必要性が認識されてきた過程をお話しいただきました。わが国においては、発達障害への理解が進む中、まだ運動面での苦手さは十分な合理的配慮を受ける状況になっているとは言いがたい状況が続いています。まずは、学会として日本DCD学会が、DCDの子どもたちへの支援の必要性に関するエビデンスを確立し、実際にDCDであることの根拠を示すことのできるアセスメント・ツールの標準化を進め、また、有効な支援手法を確立していくといった、専門家・支援者だからこそできる取り組みを進めていくという使命をもち、さまざまな取り組みを進めていくこととなります。とはいえ、学会は生まれたばかりです。本年4月に行われる第1回の日本DCD学会の大会においては、わが国のDCD研究の第一人者である中井昭夫先生を大会長に神戸にて学会を開催いたします。まずは多くの会員の皆さんに集まっていただき、これから学会として取り組まなければならないことについての共通認識を持つことができましたら幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする